波動スピーカーお客様の声

高松 Yさま

P1020279.JPGP1020280.JPG

波動スーピーカーの感想は音自体が柔らかな自然な感じがして
包み込まれる感じが気に入ってます。

これからいろいろな音楽を聞いてみて楽しみたいと思っております。

ブログはじめたので早速波動スピーカー紹介しました。
また近況アップしていきますのでたまにのぞいてみてください。
http://yonkan.blog42.fc2.com/
posted by aria at 23:10 | Ariaユーザーコメント

高松 K様

昨日は有り難うございました。
とても素晴らしいスピーカーに出会えました。

やはり私は低音域の強いほうが好きなので、
大きいタイプ(MS1001)に、より魅力を感じました。
posted by aria at 23:05 | Ariaユーザーコメント

高松 I様

いいですよ〜。ありがとうございます。
テレビも全部スピーカー経由です。
posted by aria at 23:04 | Ariaユーザーコメント

ロイヤルケア

P1010347.jpgP1010346.jpg

エムズシステムを導入して

私は介護付有料老人ホームの施設長を生業としている。
当施設において音楽というと、遠くで聞こえる有線放送ぐらいであまり縁のないものであった。
そんな日々が続く中、A様という方がご入居された。
A様はご自宅に音楽を聴くためだけの部屋を増設するほど、音楽に対し相当なこだわりをお持ちの方である。
そんなA様より、
「食事をするスペースに音楽がないのは寂しすぎる。どうにかそういった設備をお願いできないか?」
というご要望があった。
音楽に対し一際こだわりを持つA様からのご要望…。
これはちょっとやそっとのシステムでは許されないであろうということはすぐに把握できた。
そこで以前鹿庭様より紹介していただいた‘エムズシステム’を思い出した。
そのシステムで初めて曲を聴かせていただいたとき、音楽に疎い私でさえ、音の広がり、深さ、聴きやすさを感じたものであった。
何より高齢者の方は、少なからず聴力に問題を抱えている方が多い。
聴きやすさというのは、システムを選択する上で大きなウエイトを占める。
エムズシステムはそういった点も含めて非のつけようがなかった。
さて、エムズシステムを導入してからというもの、毎食レストランに音楽が流れるようになった。
A様が持っているCDをTPOに合わせて選択し、流してくださっている。
食事シーンも心なしか会話が弾み、明るくなったようにさえ感じられる。
「これは最高の設備を入れてくれたね。私も選曲のしがいがあるよ。」
A様からも太鼓判をいただくことができた。
現在では、食事のときだけでなく入居者様が集まるところには必ずエムズシステムも持ち込まれる。
持ち運びにもそれほど労を費やさないという点も当施設にとっては大きな魅力の一つである。
今後色んな場面においてエムズシステムが登場し、主張しすぎない程度に、かつその場に溶け込み、違和感なく、よい雰囲気を増長させてくれる役割を担い続けてくれるに違いないと考えている。
『入居者様の生活において欠かせないもの』として、エムズシステムの大きな存在が、これからは入居者様とともに時間を共有していくであろう。

posted by aria at 23:00 | Ariaユーザーコメント

川六エルステージ 

スピーカー納品写真 020.jpgスピーカー納品写真 025.jpg

初めてこのスピーカーの音に出会ったとき、体が震えました。(心とともに)
今までに聴いたことのない音、味わったことのない感覚。
時間が経つにつれ、大変ここち良い気持ちになってきました。

鹿庭さん主催、演奏者のいないコンサートに参加して、
「波動スピーカー」に出会った時の感想です。

ちょうど、ホテル川六エルステージのロビーに、スピーカー導入を検討して
いたので迷わず採用しました。
(実は、既に他社メーカーの見積もりを頂いていましたが・・・)

数日後、
アンプを調達しロビーから「波動スピーカー」の音色が流れた瞬間、
ロビーの雰囲気が変わりました。 あの、「心地よい感覚です。」

朝、夕暮れ、夜から深夜にかけて・・・それぞれの時間帯で

いつもロビーで、お客さまにやさしく接してくれています。

この出会いに感謝しています。

ありがとうございました。

ホテル川六 エルステージ
代表取締役
宝田 圭一

posted by aria at 22:56 | Ariaユーザーコメント

Nさま

スピーカーが来て10日ほどですが、ずっと前からそこにあるような風です。



音が天から降り注いでくるような…ミストシャワー?…

そこにいると体温を感じて、心が潤います。

お気に入りは、モーツァルト

モーツァルトも時空を超えてやってきます。

そして、

「私の曲ですね」と、その音色に満足げな表情をしたりして…

よい出会いをありがとうございました。楽しんでおります。



posted by aria at 22:50 | Ariaユーザーコメント

高松 N様

今日、さっそく自宅に帰って設置しました。

かけるCDによって、はまると本当に良い音を

響かしてくれます。「次はどうだろう」と楽

しくていろいろかけました。また、音楽番組

なんかをこのスピーカーを通して聞くと

臨場感が出てすごくいいです。

前に使っていたスピーカーと聞き比べると、

やっぱりこちらのほうが自然な音に聞こえ

ます。いいスピーカーに出会えて仕事での

ストレスも癒されます。

どうもありがとうございました。

posted by aria at 22:46 | Ariaユーザーコメント

SAPATOS 三四朗さん

sansiro.jpg
CDをスタートさせて、スピーカーから音が出た瞬間に僕は「あれっ?」と思いました。そして首を傾げてしまいました。
僕の次の反応は、スピーカーの前後左右をくまなく廻って目と耳で確かめたのです。
それはとてもおかしな感覚でした。なぜなら、このスピーカの中にはまるでライブハウスが入っているような、その中に空間があるように感じてしまったからです。目をつむったら、演奏会場が見えてくるんです。
だから何かしかけがあるのかと不思議に思って、スピーカーの周りをぐるぐる回ってしまいました。
そういえば、未開の人が初めてテレビを見たときの感覚に似ているのかもしれません。
仕掛けはありませんでした。でも、確かにこのスピーカーの中には演奏をしている人たちが入っているように聴こえます。
こんなスピーカーは今までにありませんでした。
確かにこれはスピーカーという新しい「楽器」かも知れません。

余談。
同じスピーカーが僕らの宿泊しているホテルのロビーに置いてありました。
館内に静かに流れているBGMは天井のスピーカーからだろうと思っていました。
なぜなら、どこのエリアに行っても同じ音量で、ロビー全体に万遍なく音楽が行き渡っているからです。
ところが違いました。このスピーカーから出ていた音だったのです。この小さなボディがアコースティック楽器のように歌っていたんです。そこでもあらためてこれは「楽器」なんだな、と納得してしまいました。

三四朗

posted by aria at 22:16 | Aria試聴コメント

河野二郎さん

私の感動は鹿庭君の「演奏家のいない演奏会」にきませんか?というお誘いからでした。鹿庭君は私の大学の後輩にあたり彼が高松へ帰省して以来のお付き合いになります。
鹿庭君はかなりの音楽通、しかも彼自身ドラムをおやりになり、その腕前はプロ並みで彼の主催する音楽会には何度となく参加させていただきました。
いつも彼の性格そのものの様なやさしい音楽構成で、何よりも彼のやさしいドラムの響きにいつもリラックスした心と体で音楽を体感させていただいております。
私は音楽会もそうですが、人様のお誘いには出来る限り乗るようにし、何の考えも持たずに参加するようにしております。
それはどんな事で感動するか判らないから、出来る限り感動を自分自身が自然体で受け止めたいという願望があるからです。

そしてその音楽会の感動は私の想像をはるかに超えたものになりました。私が会場に行ったときには既に満席状態。場内は薄暗く、食事もできるラウンジで、気軽に音楽を聞くには程よい会場でした。
私はステージを背にする格好でボックスに座りドリンクを注文した後、鹿庭君の司会と音楽を聞きながら周りの雰囲気に合わせていつもよりスローペースで飲んでおりました。
すると私の耳に心地よいドラムの音がはいってきました。その時直感的に「あっ」鹿庭君が叩いていると思い中腰気味にステージを見ると、鹿庭君は前手を合わせそこに立っています。私の耳に入ってきたさっきのドラムの音は間違いなくライブの音でした。
しばらく関心をもって聞いていると、左からピアノ、右からドラム、中央からベースの音、どれもが臨場感あふれるライブの音です。あっこれか!これを鹿庭君が「演奏家のいない演奏会」って言ったんだとその時初めて理解できました。もう一度ステージを観察すると何やら筒状のものが一台あるだけです。私はやがて鹿庭君の品の良い司会とアーバンな音楽に身も心も委ねるようになっておりました。

その心地よさは私の中で憶えのない体感でした。大げさな言い方かもしれませんが、それは自分があたかも母のお腹の中にあたたかく包み込まれた胎児のようでした。

そして鹿庭君がエンディングのあいさつをした時、私は思わず立ち上がり「グレイト!」「サンクスアロット!」と叫び人目をはばからず号泣してしまいました。この感動は暫く時間が経った今でも同じです。
ありがとう鹿庭君、ありがとうスピーカーさん。

ところが私の感動はまだ続くのです。この音楽会から暫く経って私がほろ酔い加減で我が家へ帰るとグランドピアノの上にこの間の音楽会にあったのと同じスピーカーがあるではありませんか!?もうどんだけって感じです。
実は私の家にもう一人私と同じ感動を味わった家内がいたのであります。
posted by aria at 22:01 | Ariaユーザーコメント

ヘアデザイナー・

ヘア.jpg
最近は音楽を聴くシュチュエーションや状況も変わってきて、時間的にトータルするとパソコンに向かっているときや移動中にiPODでということが多くなっていると感じます。CDをオーディオセットで聞く状況よりもデジタルオーディオは沢山のライブラリーを持ち歩けることもあり圧倒的に普及しましたよね。ところが、もっといい音で聞けないのか?デジタルってこの音質で限界?利便性とファッションだけで音質は二の次?
いろいろなヘッドフォンや外付けスピーカーを試しても何かが・・

以前から波動スピーカーMS1001は試聴済みでしたが、アンプにつないでCDプレイヤーで聞くではなく、直接iPODのようなデジタルオーディオプレイヤーからジュークボックスのように音楽を聴きしかも移動可能なスピーカーセットが必ず出てくると思っていたら・・
エムズさんやってくれました!しかもiPODとのカラーマッチングも考えてある。音を聞いてみると・・もしかして今までのシリーズと音を比較してもかなりいいのでは?やはりアンプ部とユニットの相性やチューニングがしっかりされているからですね。とても豊かなリッチな音がします。デジタルである事を忘れてしまうほど、ラグジュアリーな心動かされる音です。

いずれは、シュエットを持って旅をしたいですね。森のログハウスや高層ホテルの部屋で聞いたら日常から開放される音が聞こえそうでたのしそうですよね。早くオリジナルキャリングバッグが欲しいですね♪
posted by aria at 14:16 | ユーザーコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。