波動スピーカーお客様の声

ヘアデザイナー・

ヘア.jpg
最近は音楽を聴くシュチュエーションや状況も変わってきて、時間的にトータルするとパソコンに向かっているときや移動中にiPODでということが多くなっていると感じます。CDをオーディオセットで聞く状況よりもデジタルオーディオは沢山のライブラリーを持ち歩けることもあり圧倒的に普及しましたよね。ところが、もっといい音で聞けないのか?デジタルってこの音質で限界?利便性とファッションだけで音質は二の次?
いろいろなヘッドフォンや外付けスピーカーを試しても何かが・・

以前から波動スピーカーMS1001は試聴済みでしたが、アンプにつないでCDプレイヤーで聞くではなく、直接iPODのようなデジタルオーディオプレイヤーからジュークボックスのように音楽を聴きしかも移動可能なスピーカーセットが必ず出てくると思っていたら・・
エムズさんやってくれました!しかもiPODとのカラーマッチングも考えてある。音を聞いてみると・・もしかして今までのシリーズと音を比較してもかなりいいのでは?やはりアンプ部とユニットの相性やチューニングがしっかりされているからですね。とても豊かなリッチな音がします。デジタルである事を忘れてしまうほど、ラグジュアリーな心動かされる音です。

いずれは、シュエットを持って旅をしたいですね。森のログハウスや高層ホテルの部屋で聞いたら日常から開放される音が聞こえそうでたのしそうですよね。早くオリジナルキャリングバッグが欲しいですね♪


posted by aria at 14:16 | ユーザーコメント

化粧品PR&オーラソーマテラピー 守田ともこさん

PR.jpg「スピーカーと私」

ショールームで一瞬にしてMS1001に魅了され購入しました。一番の魅力は、どんな空間の空気も一瞬にして、調和の取れたバイブレーションで満たしてくれるということです。仕事が終わって家に帰り、今までは即テレビをつけていましたが今はまず、スピーカーのスイッチを入れます。
色々なCDを聞いていくうちに、それぞれの楽曲が携えている「本質」のようなものが私なりに分かるようになりました。
例えば、マタイ受難曲は「ミッション」なんですね。これは家で仕事の企画書やプレスリリースを作るときに本当に役立ちます。すごい集中力と直観が湧いてくるんです。
サラ・ブライトマンは「女性性・癒し」。これは、私が趣味でやっている「オーラソーマ(カラーセラピー)」のコンサルテーションの時にクライアントさんと私の間に、調和に満ちたハートtoハートの掛け橋をしてくれるので本当に良いセッションができるんですね。
オーラソーマをやっているので、色(光)にも音にも様々なバイブレーションがあり、それが人の心身に影響を与えることがよくわかかります。特に、音は自然と耳に入ってきてしまうものなので、意識して良い波長の音を聞くようにしないといけないと思います。それをやってくれたのがMS1001。
私にとっては音楽が楽しめるということと同時に、空間清浄器としての役割があることが魅力です。浄水器をつけないでマンションの水をそのまま飲む方ってあまりいないと思いますが、それと同じようにこのMS1001もきっとこれからあたりまえのように波及していくんでしょうね・・・。
これからの希望は、ぜひぜひオリジナルCDを作って欲しいです!!
posted by aria at 14:14 | ユーザーコメント

「すし家」店長 北村さん

すしや.jpg
インターホーンで名前を告げると「お待ちしていました」と明るい声が返ってくる。オートロックのドアが開き、我々はエレベーターで3階へ。
美しい白木のカウンターに6席、その奥には10畳ほどの座敷が。完全にパーソナルなお寿司屋さんだ。雑誌にも知る人ぞ知る隠れ家として何度も紹介されているらしい。このお店の常連さんであるT氏が3回目の「演奏家のいない演奏会」に遊びに来てくれた。彼はご自身ターンテーブルを回すDJでもあり、同時にバリバリの証券マンでもある変種(?)
そのT氏が北村さんにMS1001を勧めてくれた。「この店の佇まいにぴったりだし、何よりも音が素晴らしい。今どき、いい音をさりげなく流してくれる店は貴重だよ」その言葉を聞くや、店長は即座に電話で発注。「スピーカーを買うのに音も聞かずにと思われるかもしれませんが、私は音に関するTさんの言葉をただ100%信じただけです」
T氏も北村店長も素晴らしい。これぞ店主と贔屓の客の理想の関係だろう。いい音で鳴っているというお礼を頂いて、我々も早速こうして伺ったという次第。
それはことばでは言い表しがたいほどの至福のひと時だった。
「プラスオンでお客様に何が提供できるかを、私たちは目指しています。美味しいものをお出しするのは当たり前です。お客様が期待していらっしゃる以上の何かを提供していきたいと思っています。ですからこのスピーカーの音にも出会うべくして出会ったと思います。私たちはお客様に感動して頂けるサービスを提供していきたいと思っています」
そう語るハンサムな店長の握る寿司、パーソナルな空間を満たすMS1001の柔らかい音。この上、何を望めばいいのか。
posted by aria at 14:11 | ユーザーコメント

西村柔道接骨院 西村院長

接骨院.jpg
柔道接骨院といっても患者さんの職業は実にさまざま。その中でも日本トップクラスのダンサー(競技ダンス)の方々はさすがに耳が肥えているようで、診療所に入っただけで「何か違いますね」と指摘するという。しかし、音にはこだわっているはずのダンサーも音自体に癒されたことは少ないらしく、このスピーカーから流れ出ている音にはみんなうっとりとする。これほど柔らかい音に包まれた体験はないのでは。からだ全体の力を抜くためのマッサージが不要になるほど簡単にリラックスしてくれる。
音が及ぼす効果、音が人間の脳やからだにどのような効果を及ぼしているのか、そのメカニズムも、効果自体もまだはっきりしないことが多い。少なくとも西洋医学ではつい最近までこれらのことを無視していた。が、それは確実にある。未だ解明されていないだけで、必ずその力がある。音、力を持った音、すなわち波動は使っていない神経やからだのある部分に刺激を与え、それが動き出すようにしている。それを大まかに言うとリハビリテーションになる。もともとは持っていた力を思い出させ、活性化する。
この素晴らしい音はもちろん患者さんのためでもあるが、患者さんたちは私からパワーを得ようとしてここに来ている。治療を助ける私自身が元気でなくては、どうして患者さんたちを元気に出来るだろう。そのためにも私はこのスピーカーをいつも流し、聞いている。
自分で自分を治すパワーを湧き上がらせてくれる何か、それを自己治癒力と呼んでいるが、その力を活性化させてくれる何かがある。このスピーカーにはある。
posted by aria at 14:01 | ユーザーコメント

国立市(医師)桑尾定仁さん

国立市1.gif
『波動スピーカー”MS1001”との出会い』

私が波動スピーカーMS1001を知ったのは国立にある中華レストラ『杏仁坊』でした。このレストランの店内にはいつもジャズやボサノバが流されており、落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる素敵な店です。
ある日、新しいタイプのスピーカーを使用したミニコンサートが行われると聞き、期待に胸を膨らませて出かけました。初めて出会ったMS1001はメインスピーカーのセッティングとしては決して普通ではない位置、つまり鴨居の近くにセッティングされていました。
しかも、紙で出来た短い筒の両端に小さなフルレンジスピーカーが固定されていましたので、正直なところ、『いかにも鳴らない』、否、『鳴るはずがない』との第一印象でした。ところが、スピーカーの前に立つと、ジョアン・ジルベルトが私のすぐとなりでギターを演奏し、歌っているかのようです。名器と言われるステレオは目の前に広がる奥行きのある音場を再現し、音の明確な定位を示しますが、これとは全く異質で体験したことのない雰囲気でした。
15年くらい前でしょうか、これと同様の体験をしたことがあります。
知人に良い音を聴かせるから来ないかと誘われ、彼の自宅を訪問した時です。
一畳ほどもあるパーチクルボードの中央をくり抜き、同軸型フルレンジスピーカー(シーメンス社製)が一本固定されただけの粗末なスピーカーに、アナログプレーヤーと小さな管球式アンプとの組み合わせでしたから、見るからに『良い音がするはずがない!』と思っていた矢先、スピーカーから奥行きのある澄みきった極上の音楽が聞こえてきたのです。鼓膜へのストレスは全くありませんでした。スピーカーが密閉式かバスレフ式しかありえないと考えられていた時代でしたから、この衝撃はとてつもなく大きく、これ以来、ブランドへのこだわりや固定観念を捨てました。MS1001がちょうど同じ様な衝撃を与えてくれました。コンサート後、すぐに購入し、色々な音楽を愉しんでいます。もちろん『杏仁坊』のメインスピーカーもMS1001となりました。再現する音はハイ上がりで、独特のクセを感じますし、大編成のオーケストラの演奏なども決して得意ではありません。当然、小口径のフルレンジスピーカーにとっては過酷とも言える要求です。ところが、ジャズやボサノバの再生では、まるで演奏者と一緒に音楽を演奏し、歌っているかのような感動を与えてくれます。つまり、音のエネルギーが体全体を包み込むような音場を再現してくれるのです。現在、筆者の書斎ではミニホームシアターのメインスピーカーとして活躍しており、疲れた心と身体を癒してくれています。能率も高く、(波動エネルギーにより)肌で感じるスピーカーですので、聴取する位置も無視できます。気楽に音楽を愉みたいという方々には打ってつけのスピーカーと思います。
最後に、MS1001との出会いを与えてくれた開発者の三浦光仁氏とスタッフの方々には心より敬意を表します。

posted by aria at 00:36 | ユーザーコメント

「ダイモ」マスター中野さん

user_nakano.jpg
【ご主人】お店では音楽のジャンルによって2種類のアメリカ製のスピーカーを使い分けていたのですが、ビル・エヴァンス・トリオのライブ盤を聴いて驚きました。波動スピーカーではドラムスのワイヤブラシの音がまるで違うのです。お客様の中にはスピーカーの音色にうっとりと聞きほれて「これはカルチャーショックだ」と呟かれた方もいらっしゃいます。音の広がりがまるで違うので、いままではキッチンで仕事をしている間、お店で流れている音楽がよく聞こえていませんでしたが、いまでは料理しながら、音に包まれている感じがして、ますます楽しみながら仕事をしてます。
【奥様】私は正直言って、音についてはそれほど関心がありませんでした。でも、ケニーGの優しい音は好きだったので、そのCDを持ってエムズさんのショウルームに行って、波動スピーカーで聞かせてもらいました。音の違いなんて私には分からないだろうと思っていましたが、聴いた瞬間に、いままでのスピーカーとはまるで違うということが分かり、驚きとともに感動してしまいました!
posted by aria at 01:10 | ユーザーコメント

「HUGE」水野夫妻

user_mizuno.jpg
【2003年9月】あの時、試聴したりお話を伺った段階で楽器として認識したので、家に帰ってからすぐに接続せず、昔、海外演奏旅行の時、木管楽器がその土地の空気になじむのに苦労したことを思い出し、一日おいておきました。接続後も優しい音から少しずつ慣らしています。今日はパイプオルガンのアナログレコードを聞きましたが、空気でベンが振動し、パイプの中で増幅された音がパイプ口から出てホールの壁にぶつかり、戻って来る距離感までハッキリ感じる事ができました。ウォークマン以来の歴史的な音のカルチャーショック感じます。
【2003年10月】私のMS1001、イイ感じに鳴っています。ギターのネックを指が走る時や、ドラムのペダルを踏むときに起こる「カタン!」とか「カシャン!」という音がリアルすぎて、つい部屋の中を見回してしまいます。この前一人で家にいる時、人がいるのではと不安になり、音を止めて家の中を見回してしまいました。誉めているのかなんだかわからない感想ですが、それだけ原音に近いという事ですね。秋の夜長、毎晩ライブを楽しんでいる様です。
【2004年5月】西荻窪に「HUGE」というカレー専門のお店を出しました。このMS1001がご覧のようにカウンターのメインに鎮座しています。この素晴らしい音を我が家で独り占めするのはもったいないので、この店の特等席で歌ってもらっています。スピーカーと言うより、まさしく楽器ですね。生の演奏がお店の空気をとても柔らかくしてくれます
posted by aria at 01:09 | ユーザーコメント

彫刻家(7代目神形佛師)迫田さん

user_bussi.jpg
CD を掛けるとピアノがある部屋に変わります。バイオリンやチェロ、ホルン、ハープ、フルート・・・がそして歌い手までもが突然現れます。音量を上げてみると音が大きくなったのではなく、演奏している楽器や歌っている人に自分が近づいた感じになります。パーカッションなどは、耳に音圧を感じます。そこには確かに人が居て演奏して歌っている。驚きです。
単に音を再生しているのではなく、MS1001が音を造り出している。自身が鳴っている。だから音に歪みがない。まさに”これはすでに楽器である”のコピーの通り。感動です。
これは、私の思い込みで、例えが良くないかも知れませんが、余計なものを限りなく取り除いて極限まで磨き上げる「俳句」や「日本刀」「ワビ・サビ」原点を追求また追求する姿に美を感ずる日本人の感覚が作り出した、日本で生まれるべくして生まれた和のスピーカーのような気がしています。

素晴らしい。最近はラビシャンカール(インド音楽)、高橋竹山、大貫妙子、姫神 諸氏を我が家にお呼び致しております。
posted by aria at 01:08 | ユーザーコメント

「旅館大沼」5代目湯守 大沼さん

user_onuma.jpg
「五代目湯守が惚れ込んだ!」波動スピーカー体験
私は、千年の歴史を持つ宮城県は鳴子温泉郷・東鳴子温泉で百年ほどつづく温泉宿を経営しています。私は近頃、五感をフルに使った新しい温泉湯治を模索していました。そんなある日、波動スピーカーMS1001にめぐり会ったのです。まず私の目を引いたのが紙と木の自然素材でできた和太鼓のような可愛らしい姿です。そして家具のような落ち着いた風合いがあり、どんなライフスタイルの空間にもなじむだろうと思いました。しかも普通、スピーカー・システムは2本対というのが常識となっていますが、この波動スピーカーMS1001は1本だけで、それ以上の働きをしてくれるらしいのです。設置場所、リスニングポイントも特に選ばす、なんと床にそのまま転がしておいてもよいとのことでした。

早速、スピーカーを試聴してみました。どこからともなく静かにクラシックが流れ始めました。音が流れ始めて一番最初に思ったことは「一体どこで音が鳴っているのだろう?」ということでした。視聴ルームには他にも何台かのMS1001が置かれていましたが、全くその音源がわかりません。エムズ・システムの三浦さんの話によると、まだどのスピーカーが鳴っているか当てた人はいないとのことでした。空間全体が音のバイブレーションで満たされる、そんな感じです。そしてさらに聞きこんでゆくと、スピーカーの存在自体も消え失せ、あたかもそこに演奏者がいて演奏しているような臨場感に包まれてゆきました。「これは一体?」私も過去にスピーカー・システムなどに凝ったこともあり、現在も有名なB社のスピーカーを使っています。たしかに現在のスピーカーも音は良いのですが、この波動スピーカーMS1001はただ単に音がいいというだけではないようです。

「何が違うのだろう?」私は心地よい音のバイブレーションに浸りながら、心の中でつぶやいていました。「心…。そうだ、この音は心にダイレクトに響いてくるのかもしれない」

波動スピーカーが奏でる音楽は聴くというよりは、感じるといったほうがはるかに近い感覚があります。通常、演奏者や歌手は音楽を通して聞き手に伝えたいことを、録音という形でCDやレコードに刻みます。この波動スピーカーはそのデジタルの音信号を単に再現して出力するのではなく、限りなく生の演奏や歌に近く表現してくれます。演奏者や歌い手が演奏や歌を通して本当に伝えたかったことが、こちらに伝わってくるような気がしました。またリアルで豊かな音色は、スピーカーというよりは楽器といったほうがふさわしいかもしれません。音の広がりも、このコンパクトなボディのどこから響いてくるのだろうという位空間のすみずみまで行きわたり、自分がコンサート会場にいるような錯覚さえ覚えるほどでした。気がつくと私は、この全く新しい音の世界にすっかり魅了されていたのです。

すっかり満ち足りた気持ちで波動スピーカーの試聴を終えた私にある変化が起きていることを気づくにはさほど時間がかかりませんでした。実はこの試聴をした日は、一ヶ月ほど前にひいた風邪をずっとこじらせていて、微熱があり体調が思わしくありませんでした。

試聴にくる途中、街角で献血をしようと思い、ブースに入ったのですが、やはり微熱があったことと、朝に風邪薬を飲んでいたのが理由で断られてしまうほどだったのです。

それが、波動スピーカーの試聴を終えた時、すっかり微熱特有のだるさがなくなっており、体が楽になっているような気がしました。でもそれはきっといい音で、いい音楽をゆったりして聴いたからだろうなと思っていました。体調が良くなったことを、エムズ・システムの三浦さんに言うと、三浦さんはにこにこしながらこう語ってくれました。「実はこのエムズ・システム・サウンド MS1001は世界最先端の波動エネルギー技術を使って創られていますので、音が響いている空間や聴いている人のエネルギーを理想的なバランスに調整してくれるのですよ」私は、波動エネルギーと聞いても、なんだか難しそうでぴんときませんでしたが、スピーカー自体の音色が素晴らしく、さらに音楽を聴いている人も元気にしてしまうなんて一挙両得じゃないかと勝手に喜んでしまいました。私はますますこの波動スピーカーが気に入ってしまったのは言うまでもありません。

私は今新しい湯治に取り組んでいることは前にも申し上げました。温泉という天の恵みの力をいただき、心と体のバランスのとれた健康づくりをしてゆくことが私の役目と心得ています。昔の湯治は、過酷な労働からの数少ない解放の時でした。もちろん、体を悪くしてしまい、医者に行ってもなかなか直らない人の治療の場でもありました。そして現代においても、多くの人が常に時間とお金に追われ、複雑な人間関係を背景にストレスに満ちた社会生活を送り、いつ病気になってもおかしくない、いわゆる半病人になっています。

そういった現状を見れば、形は違っても本質的には、人が湯治のような心身のバランスをとる場を必要としていることには全く変わりありません。逆に、社会がより複雑化してしまった現代こそ、本当の癒しが求められていると言えます。

少しおおげさな言い方ですが、私はこの波動スピーカーと出会い、はじめて音楽の奥の深さをかいま見たような気がしています。今もジャンルを越えて、音や音楽そして素晴らしい演奏者への興味は増すばかりです。それもこの波動スピーカーによって音の魅力を再認識させてもらったからです。「音楽療法」というセラピーもありますが、そこまでいかなくても誰しも人生の中で音楽に精神を鼓舞され勇気づけられ、そして傷ついた魂を癒された経験をもっていると思います。そう、音楽も温泉同様、我々に与えられた天からのプレゼントなのです。

波動スピーカーMS1001との出会いによって、私の目指す湯治に「音・音楽」という新たな魅力が加わりましたことを本当に嬉しく思います。なんと言ってもここは鳴子=“鳴る”子です。もともと音とは縁が深い土地なのです。自然の中でゆったりと温泉に入り、心身共にほぐれた状態で、全く新しい音の世界に身をゆだねてみる。それはとってもシンプルだけど、とっても豊かな時間かもしれません。旅館大沼では、湯守の湯治プランでの音楽プログラムのほかに、定期的に豊かな自然の中にある山荘で波動スピーカーの試聴会を開催しています。百聞は一聴にしかず。皆様を新しい音の世界へご案内いたします。お気軽に温泉に入りがてら、お越しくださいませ。


posted by aria at 01:07 | ユーザーコメント

木版画家 風鈴丸さん

user_fuurin.gif
「音に包まれる不思議体験」          
音というのは一体身体のどこで聞くものだろうか?このスピーカーに出会った時、そんなことを考えていました。
普通音楽を聴く場合、スピーカーから流れてくる音を楽しむことになりますが、MS-0801の場合目の前にスピーカーがあるにも関わらず(一体どこから音が流れてくるのだろう??)と音源が特定できないのです。耳を近付けてみれば確かにスピーカーが鳴っているのですが、少し離れてみるともう音があらゆる方向から自分を包み込んでくるようで、やっぱり特定できません。それはとても不思議な体験でした。
 私はオーディオや音質についてはまったくの素人ですので、専門的なことや技術的なことはわからないのですが、その分、頭で理解するというよりはただ音を感じるようにしています。以前からバイオリンの生演奏を聴くと「ああ、この音を私は鎖骨で聴いているようだ。」、チェロの演奏を聴くと「うん、この音は背骨で聴いているようだ。」と、楽器によってその音を受け取る身体の部位が違うように感じていました。MS-0801で音を聴く時目をつぶって聴いてみると、頭・腕・お腹・ふくらはぎから足裏からと、ありとあらゆるところから音が身体に響いてきます。例えていうなら暗闇のジャングルでどこからか聞こえる太鼓の音。確かに音が響いているのにどこから来ているかわからない、体にずんとくる感じ。。。そう思うとこれはやはりスピーカーというより楽器なのかもしれません。
 音の波につつまれて、自分自身が音の波の中にいる感覚をぜひ味わっていただきたいです。もちろん、インテリアとしてもキュートな形もお気に入りです。
posted by aria at 01:06 | ユーザーコメント

木版画家 牧野宗則さん

新鮮で今までにない斬新なデザイン。そしてその可愛いらしさにまず魅力を感じました。しゃれた雰囲気が部屋のインテリアにもとてもマッチして、大変満足しています。デザインの魅力に加え、こんなに手軽で小さなボディでありながら、音の広がりや奥行き感が素晴らしく、深いところから響き渡る音色にびっくりしました。こんなに使い勝手がよくコンパクトでありながら、ワンランク上の豊かな音色を楽しめるのが嬉しいです。自宅ではもちろんですが、アトリエでもこれから楽しめると思うと今から楽しみです。
posted by aria at 01:05 | ユーザーコメント

エディフィス渋谷店 店長 古峯さん

user_komine.gif
2003 年の冬、エディフィスのバイヤーKさんが、試聴ルームに来てくれました。あまりの臨場感にびっくり。いつかお店の音楽をこれで鳴らしたい、と言ってくださいました。といっても、お店にはすでに有名ブランドのスピーカーが設置されているわけですから、いつかがいつになるのかは全く分かりませんでした。
それから半年以上経ったある日、エディフィスの店舗デザインの担当者から突然のご連絡を頂きました。この波動スピーカーの重さは?天井からハンギングできるか?と具体的な質問が。そのとき渋谷店のリニューアル計画を知らされました。先日リニューアルオープンした渋谷店にお伺いしました。
エントランス正面のゆったりした階段を昇っていくと、すぐに波動スピーカーMS100の柔らかな音色に包まれました。感激の一瞬です。2Fはスーツやドレスシャツが並ぶウッディなフロア。波動スピーカーの豊かな音が完璧にマッチしています。さっそく店長の古峯さんに印象を伺いました。
「スタッフ全員がびっくりしています。こんなに可愛らしいスピーカーなのに、音の迫力がすごいし、店内のインテリアにもとてもマッチして、大変満足しています。いままでにはなかったデザイン、いままでにはなかった音です」



posted by aria at 01:04 | ユーザーコメント

心理カウンセラー 藤井雅子さん

user_fujii.gif
初めてこのスピーカーを見たのは国立のオフィスでした。オーディオ音痴の私でさえ、軽い衝撃を受けたのを覚えています。
まず形。色。まるでインテリアのような温かみのある外観。
そしてなんといっても音。超有名オーディオ社の大型スピーカーより断然いい!ど素人でも明らかに違いがわかりました。
とにかく音の深さと広がりが尋常ではない。
ちょっとした一目惚れでした。

うちで聴き始めてから、不思議な変化がありました。自分の感情がとても素直に感じ取れるようになって、いつもとてもリラックスしていられるようになりました。
落ち込んだ気分のときも、イライラしているときも、ちゃんとわけがわかるようになったので、妙な不安を感じることがなくなりました。
自分の感覚がつかめるようになったことで、無理をすることが減り、より強く楽しさや幸せを実感できるようになった気がします。
この波動エネルギーは、私だけでなく、部屋全体の空気にも影響を与えているようで、何年かぶりに鉢植えから新しい芽が出てきました。
今は自宅に欠かすことのできない癒しの存在となりましたが、近いうちにクライアントのためにもカウンセリングルームにこのスピーカーを置きたいと思っています。
posted by aria at 01:04 | ユーザーコメント

フローリストいしはら本店 店長 鈴木さん

user_suzuki.jpg

わたくしたち フローリストいしはらは地元「志木」では老舗の花屋ですが、駅前の新築ビルに移転するにあたり、それまでの路面店の枠にとらわれることなく「五感に感じる心地よい店」をコンセプトにデザインはもちろん全ての素材の質感までこだわり、店のOPENの準備を進めました。
 当初は安易にBGMを流してと考えていましたが、店内のスピーカーのデザインと何よりもそのBGMの音色が当店のコンセプト合った「邪魔にならず、さりげなくいい音で、しっかり奏でてくれるスピーカー」を探して困っているとそこへ、あるオーディオ好きのスタッフが「波動スピーカー」という面白いスピーカがあることを店舗の責任者へ伝えました。店舗の責任者は薦められるままに早速、銀座のショールームに出かけその自然な音とスピーカーらしくないデザインに感激し即、購入を決めました。
 新しい フローリストいしはら 目指したのは、ただ花を並べて売るだけの店ではなく、お客様が店内の花を見ているだけで楽しくなる空間と、花を買う事をより一層楽しんで頂けるように心掛けました。それには心地良い音楽もとても重要なポイントでした。
 いよいよOPEN初日を迎え、スピーカーも陳列棚の上でさりげなくスタンバイ。そして店がOPENすると、開店のにぎわいの中で心地よいリズムを奏でるMS1001 は、私達がイメージしたとおり、美しい花達と笑顔で接客するスタッフの中で目立ちすぎることもなく店内の空気にとけ込んでいました。
 わたくしたちのお客様の多くは女性です。ほとんどのお客様はそのスピーカーの存在に気がつきませんが、美しい花々がディスプレイされた空間をやさしく包み込むように流れる音楽はお客様にも好評で時折、「ここのお店の音楽は、自然に聞こえてとても素敵な音色ね・・・」とのお客様の声も聞こえます。まさにイメージ通りのお店となり、とても嬉しくスタッフの花を活ける手にも力が入ります。
 この波動スピーカーMS1001は、私達が意図した空間を創り上げる上で重要な役割を果たしてくれました。
posted by aria at 01:03 | ユーザーコメント

うどん屋「根岸屋」三代目根岸利安さん

user_negishi.gif

根岸屋さんは、一年前に店内を彫作家塩野谷博山先生のプロデュースにより改装され、流木でつくられた、テーブル・イス、そして魂のこもった博山先生の書。とても雰囲気のあるオシャレな手打ちのおうどん屋さんです。しかし、これまでの店内ミュージックは、小さなコンポを隠すようにして、音楽を奏でていらっしゃいました。波動スピーカーの音色が店内に広がった瞬間、より一層居心地の良い空間へと変わりました。

現在、根岸屋さんでは、あの日と変わらず波動スピーカーが音楽を奏でています。「一年前までは、職人による、うどんを打つ音が店内に流れていました。今は、お店とは別の場所でうどんを打っているので、うどんを打っている音に変わる、五感を刺激する音をずっと探していました」と三代目の根岸さん。お客様に美味しいお食事と、居心地の良い空間を提供する!という強い信念を持った三代目の強い想いに、波動スピーカーが引き寄せられました。そして可愛らしい素敵なおかみさん。美味しいおうどんと、素敵な店内、素敵な笑顔、そして最高の音楽により、五感を刺激し、五感を癒す。
そんなおうどん屋さんが東青梅にあります。
posted by aria at 01:02 | ユーザーコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。